マイホームを守りたいなら外壁塗装の時期を知ろう

  1. ホーム
  2. 海沿いの家なら

海沿いの家なら

ペンキ

塩害対策に有効

沖縄といえば青い海をイメージする方も、多いのではないでしょうか。沖縄と海は切っても切れない存在と言えます。海は眺めている分は美しいものですが、海沿いにマイホームを建てると、メンテナンスを行う必要性が出てきます。塩害といって海風に含まれる塩分によって、家の外壁などが劣化しやすいのです。沖縄の住宅はRC造住宅で鉄筋コンクリート製となっていますが、コンクリートも塩害に弱いと言われています。毎日、海風にさらされるような場所にある家は、定期的にメンテナンスしなければ塩害によってボロボロになってしまうでしょう。塩害でダメージを受け、大きなリフォームが必要となる前に、外壁塗装で塩害対策する事がおすすめです。外壁塗装は文字通り、外壁に塗装を行う施工の事を言います。塗装を行う事によって、塗料が様々なダメージを防いでくれるのです。沖縄県で地元密着型の施工を行う業者であれば、塩害の問題を考慮して外壁塗装を行ってくれます。実は外壁塗装を行う事によって、塩害のダメージを抑える事も可能です。使用する塗料の種類によって、塩害対策に繋がるのももあります。今現在、外壁塗装に使用する塗料として最もポピュラーなシリコン系塗料、マンションやビルにも用いられる機能性が高いフッ素樹脂塗料、塗るタイルと言われている程、効果に優れた新世代無機塗料です。これらの塗料は特に塩害に強いとされています。外壁塗装を行う場合、参考にしてみてはいかがでしょう。