マイホームを守りたいなら外壁塗装の時期を知ろう

ペンキ

海沿いの家なら

沖縄は海沿いの家だと、塩害の被害に遭いやすくなります。塩害対策として外壁塗装がおすすめです。外壁塗装を行う事で、海風によるダメージから壁を守る事が出来ます。塩害対策としてはシリコン系塗料、フッ素樹脂塗料、新世代無機塗料がおすすめです。

外壁工事のトラブル防止法

作業する人

近隣への挨拶をする業者

家を長持ちさせるためには定期的に外壁塗装をすると効果的です。壁の小さな傷や破損を補修してくれますし、雨などの侵入を防いでくれるからです。外壁塗装ではトラブルが起きやすいので、適切に対処してくれる施工業者を選ぶ必要があります。比較的多いトラブルが近隣からの苦情です。工事の音がうるさいとか塗料の匂いへの苦情が多いのです。このようなトラブルを防ぐには、工事の前に近隣にきちんと挨拶廻りをしてくれる業者を選ぶことが大事です。もし苦情が出た場合にもすぐに謝罪してくれる業者を選びます。事前の打合せの時に、匂いの少ない塗料を使ってくれる業者なら安心です。また施工時間帯を調整してトラブルが出ないように気を遣う業者を選びます。騒音の場合も施工時間をずらすことによって対処できる場合があります。外壁塗装工事では近隣トラブルの他に、仕上がり具合が施主の予想と違うといった苦情も比較的多いです。塗料を吹き付けてからでは遅いので、事前に色の調子などをしっかり打ち合わせておくことが大事です。色見本を提示して、具体的に色を決めてくれる業者を選びます。また外壁塗装のあとに不具合が見つかる場合もあるので、工事完了後に保証書を発行してくれる業者を選ぶようにします。保証書にはアフターケアの内容と、有効期限がどのくらいなのかをチェックします。そのためには下請けに任せないで自社施工する業者を選ぶようにします。トラブルを回避するためには、以上の点を中心に見積もり書を比較して業者を選ぶことが大切です。

作業員

塗装の仕組みを確認

神戸で外壁塗装を行うという場合、その仕組みを知っておくと安心です。外壁塗装はお肌のお手入れをイメージすると、その仕組みが分かりやすいです。洗浄、下地塗り、塗料を重ねて塗る事で、外壁の美しさと機能性を高めます。また、紫外線によるダメージの対策にも、外壁塗装は有効です。

一軒家

リフォームをするべき場所

外壁塗装は定期的に行う必要があります。外壁をそのまま放置しておくと、ひび割れが発生して、そこから雨が侵入してしまいます。湿気が多くなってカビが生えやすくなったり、建材が劣化してしまうので、10年に一度のペースで外壁塗装をしましょう。兵庫県では外壁塗装をしている業者が多くあるので、相談すると良いです。